ドイツのセキュリティ企業大手のAviraの調査によると、
「25.15%のユーザーがウイルス対策ソフトでPCの動作が遅くなると考え、それを理由に使用中のウイルス対策ソフトを停止してもよいと考えている」とのこと。
「ウイルス対策ソフトを停止してもいい」25%:Avira調べ – CNET Japan)

まだまだウイルス感染の恐ろしさは理解されていないようです。

自分のデータが破壊されたり、コンピュータが壊れたりするだけだったら、あきらめれば済むことです。
しかし、一旦、ウイルスに感染してしまうと被害者になるだけではなく、加害者になってしまう可能性大。もし、会社の重要な情報を流出させることにでもなれば、賠償金や懲戒解雇といった事態にもなってしまいかねません。

一般的に長期休暇明けにはウイルス被害が増えると言われています。

年末年始、楽しくすごすためにも、今一度、ウイルスについてしっかりと学び、きちんとした対策をとっておきましょう。

以下、参考になるサイトへのリンクをまとめてみました。

ウイルスに感染したらどうなるのか…

  • リフォーム生の声 コンピューターウィルス体験
    マトリックスというウイルスに感染し復帰するまでを克明に記録されています。ウイルスに感染するとどうなるか、よく解る優れた記録です。文章がお上手なのでついつい引き込まれて一気に読めることでしょう。
    ただ、今のウイルスはより巧妙になっているので、現状はより深刻になっていることをお忘れなく。
  • 動画で見るウイルス ~セキュリティ被害疑似体験~ | セキュリティ情報 : トレンドマイクロ
    ウイルスバスターでおなじみのトレンドマイクロの情報サイト。動画でウイルス感染の疑似体験できます。
  • higaitaisaku.com
    もとの名を「アダルトサイト被害対策の部屋」という有名なサイト。その名から怪しいと思われがちですが、実は非常に有用なサイト。もし、それこそアダルトサイトなども含め、世界中のいろいろなサイトを見て歩きたい、と思われる方はこのサイトに書かれている対策や対応処置を、内容までは完全に理解しなくても、自分で対処出来るようになる必要があると思います。

ウイルスについて学ぶ・情報を得る

ウイルス対策ソフト(Amazon.co.jpの該当ページへのリンク)

パソコン購入時にプリインストールされているものは大抵が90日間無料で使える試用版。期間が過ぎると定義ファイルの更新がありませんので、日々新しくでてくるウイルスには対応出来なくなります。期限が来たら製品版に切り替えるか、新しい製品を購入する必要があります。
とにかく、どれか一つは購入して最新の状態にしておきましょう。

フリーのウイルス対策ソフト

どうしてもお金がない、というような場合には無料で利用できるウイルス対策ソフトを利用しましょう。
ただし、きちんとした製品版よりも当然守備範囲が狭くなります。きちんとした知識をもち利用するのであればよいですが、初心者の方には使いにくかったり、知らないうちに危険にさらされることにもなりかねません。あくまでもつなぎと考えて下さい。
フリーでも多くのソフトがありますが、ここではWeb上で比較的評判の良いものを紹介。
また、ほとんどのソフトが、非商用、個人あるいはSOHOなど小規模な企業での利用に限られています。それぞれ利用規約を良く読んで利用して下さい。

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket