III. オートシェイプを利用する方法

これしか考えつかない、って方も多いかもしれません。
この方法で注意すべきなの位置を決めた後で文字列の挿入・削除をした時にずれたり、文字とかぶったり、削除されてしまったり、しがちなことです。下記、ポイントに注意して下さい

【ポイント】

  • [文字列の折り返し]の設定
  • オートシェイプの[配置][整列]
  • オートシェイプのアンカーの位置、移動の設定
  1. キリトリ線を引きたい位置にオートシェイプで1本線を引く。
    水平に直線を引くには、[Shift]+ドラッグ
  2. 線を選択した状態で、スタイルを破線などに変更

  3. テキストボックスで「キリトリ」を作り、線の上に重ねておく。
  4. 線とテキストボックス両方を選択しておく。
  5. [整列]-[左右中央揃え]をして揃える。必要があれば上下方向も揃える。
     
  6. 線とテキストボックスを[グループ化]する。
  7. [文字列の折り返し]-[上下]をクリック
  8. [文字列の折り返し]-[その他のレイアウトオプション]をクリック
    Word2003では、[オートシェイプの書式設定]ダイアログの[レイアウト]タブの[詳細設定]
  9. [レイアウトの詳細設定]ダイアログボックス
    水平方向の配置:[中央揃え]、基準:[段]として[OK]ボタンをクリック
     
  10. これで完成。キリトリ線が中央に配置されます。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket