Microsoft Office、すなわち Word(ワード)Excel(エクセル)PowerPoint(パワーポイント)Access(アクセス) そして Outlook(アウトルック)、の利用スキルを証明できる資格が Microsoft Office Specialist (マイクロソフト オフィス スペシャリスト)です。

もちろん、私のようなインストラクタという仕事をしていなければ、どうしても必要という資格ではありません。

しかし、マイクロソフト オフィス の 本来の力を発揮させるため、あるいはより有効な、効率的な利用方法を身に付けるためには、資格取得いかんにかかわらず、勉強しておいて損はない資格です。

私も、この仕事を始めるにあたって、Outlook以外は全て取得、Microsoft Office Masterとなりました。
インストラクター資格、Microsoft Official Trainer(マイクロソフト オフィシャル トレーナー)も同時期に取得しました。

以前、担当していた職業訓練講座では、この Microsoft Office Specialist の取得を目標としていましたので、数多くの受講生の方が受験し資格を手にされました。

最近、担当している講座は介護資格取得がメインのため、マイクロソフト オフィス スペシャリストに向けての講義を行えないのは残念なかぎりです。

そんなわけで、しばらく更新しないままにしてありましたが、マイクロソフト オフィス スペシャリスト試験についてのページを更新しました。
資格の概要、勉強方法などをまとめてあります。

自己流で、何となくワードやエクセルを利用しているというかた、独学でもテキスト1冊しっかりと仕上げれば、充分合格できます。
何か資格をと考えていらっしゃる方は、下記のページをご一読頂き、ぜひ受験してみて下さい。

その他のパソコン初級者向けの資格については、こちら「PC資格 」をご参照下さい。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket