こんにちは。
三日月形の太陽に興奮した @OfficeTAKU です。

Wordの授業が続いているので引き続きWordネタです。

文字列の折り返し[行内]

Wordの文書に、クリップアートやワードアート、あるいは写真などを挿入すると、初期状態では、「テキスト(文字列)の折り返し」「行内」という状態で挿入されます。

「行内」は、文字と同じ状態。
挿入した図が1文字分となり、行間がひろがって、移動しようと思っても自由には動いてくれません。
Word2003までだと、挿入直後は、黒い実線で囲まれ、黒い四角のサイズ変更ハンドルが表示されています。

Word 文字列の折り返し[行内]

文字列の折り返し[前面]

挿入後、[文字列の折り返し]を[行内]以外に変更すると、移動やサイズ変更が楽にできるようになります。

たとえば、[前面]にすると挿入した図が文字の上に配置され(文字が隠れます)、自由に移動、サイズ変更ができるようになります。
文書の空いているスペースに図を配置するときは、この[前面]が便利です。
場面に応じて、[四角][外周]などを選んで利用しましょう。
Word 文字列の折り返し[前面]

常に[前面]で図を挿入する方法

図を挿入するたびに[文字列の折り返し]を変更するのは大変ですので、常に[前面]で挿入されるようにしておくと便利です。

以下、Word 2010での操作手順です。

  1. [ファイル]タブをクリックします。
  2. [オプション]をクリックします。
    Word [ファイル]タブ-[オプション]
  3. [オプション]ダイアログボックスが開きます。
  4. [詳細設定]をクリック。
  5. [切り取り、コピー、貼り付け]項目-[図を挿入/貼りつける形式]のドロップダウンリストから[前面]を選択します。
  6. [OK]ボタンをクリックします。

    Word[オプション]-[図を挿入/貼り付ける形式]

  • Word2007の場合は上記手順1の[ファイル]を[Officeボタン]に読み替えて下さい。
  • Word2003では、メニューの[ツール]-[オプション]をクリックし、開いた[オプション]ダイアログボックスの[編集と日本語入力]タブ内に、[図を挿入/貼り付ける形式]があります。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket