WordPressブログの記事を欠く時、タグの入力とか面倒なので以前はエディタで書いて貼り付けていたこともありました。
しかし、最近はめんどうなのでWordPressで直接書くことが多くなりました。

ただ、そうするとHTMLタグやCSSの記述は面倒…

入力支援してくれるWordPressプラグインを本気で探さなきゃ、と思っていたのですが、ゴールデンウィークとやらなのでようやくとりかかりました。

ググってみたところ、AddQuicktagWp Zen Coding が目にとまりました。

Wp Zen Coding

AddQuicktagの方が簡単そうでしたが、汎用性が高い Wp Zen Coding をインストールしてみました。

Zen codingなるもの、そういえば、以前ちらっと見たことがあったようだったのだが…

こちらの

と、いうブログエントリを参考にして、まず、Web担の下記のエントリ

を読んで、ざっとZen Codingとはどんなものかお勉強。

HTMLタグやCSSの入力支援ツール。
テキストエディタのプラグインとして開発されたものが、いまではDreamWeaverやWordPressなどのプラグインも開発されているとのこと。

その上で 「Wp Zen Coding」 をインストール。
プラグインの新規追加で Wp Zen Coding で検索、インストールをクリックするだけで、簡単に終了。

h1タグを入力する場合は、
h1 と入力し 直後に [コマンド]キー+[E]キーを押します。

そうすることで、

<h1></h1>

というワンセットのタグが入力できます。

CSSのクラスが入ったタグを挿入する場合は、
h2.size-l などと入力し、 [Tab]キー([コマンド]キー+[E]キー) で、

<h2 class="size-l"></h2>

というタグが挿入されます。

先に文章を入力した場合は、範囲選択し、[コマンド]+[Shift]+[A] で入力のダイアログがでてくるので、タグを入力、です。

記法、ショートカットキーさえある程度覚えれば便利に使えそうです。

参考にさせてもらったサイト

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket