こんにちは。
@OfficeTAKUです。

今もMacBookでこの記事を書いたりしていますが、こう見えても私、Microsoft Official Trainer(マイクロソフト オフィシャル トレーナー)でもあり、Microsoft Office Masterでもあり、ついでに、IC3認定インストラクターでもあります。

そのいずれにも関係してくるのが、Microsoft Officeの認定資格、MOS こと、Microsoft Office Specialist (マイクロソフト オフィス スペシャリスト)です。
私が最初に受験した時は、旧名 Microsoft Office Users Specialist という名将だったので、略称はMOUS(マウス)と言ってました。

MOSは、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook それぞれのアプリケーションの使用スキルを認定する資格試験として最もポピュラーかつグローバルなもの。世界訳200カ国で実施されているそうです。
実際に受験するかどうかは別にしても、その要求されるスキルを学ぶことは、各アプリケーションを利用する上で非常に有効、役立つものです。
ツールとしてのOfficeの利用方法の幅が広がりますので、ぜひ勉強してみて頂きたいと思います。

と、言ってもそんなに難しい試験ではありません。
操作すきるですので、パソコン苦手、機械苦手、という文系の人間でもまったく問題ありません。

テキストを1冊仕上げれば絶対に合格できます。

詳しい勉強方などは下記のページにまとめてありますので、ぜひご覧になって下さい。
→ Microsoft Office Specialist | 情報航海術 – Office-TAKU.com –

さて、オリンピックも、甲子園も、吹奏楽も、熱戦が繰り広げられていますが、そのマイクロソフト・オフィスの世界でも熱い闘いが行われていました。
「MOS世界学生大会2012」です。

MOS世界学生大会2012

世界各国から学生が参加して Microsoft Officeのスキルを競う「MOS世界学生大会」が毎年開催されています。

今年の「MOS世界学生大会2012」には、世界53カ国から延べ52万1千人もの学生が参加、日本からは延べ6万5千人が参加しました。

その中から選ばれた各国の代表達による決勝戦が、 2012年7月29日(日)~8月1日(水)(現地時間)、アメリカのラスベガスで開催されました。

日本代表はワード2007部門で2位となった横浜国立大学4年星野亜衣さんを筆頭に、それぞれ優秀な成績を収めました。
ワード2007部門 世界第2位 横浜国立大学4年 星野 亜衣
・パワーポイント2007部門 世界第8位 秋田大学4年 本郷 晋也
・パワーポイント2010部門 世界第13位 同志社女子大学 2年 佐治 亜弥香
・エクセル2010部門 世界第14位 北海道富良野緑峰高等学校 3年 中村 彰宏
・エクセル2007部門 世界第15位 名古屋経済大学2年 仲村 力也
この、世界大会の模様は下記のFacebookページにて
 → MOS世界学生大会Facebookページ-オデッセイ コミュニケーションズ

また、既に2013年の参加者の募集が始まっています。
学生時代こそ充分なスキルを身に付ける一番のチャンス。学生のみなさん、ぜひチャレンジしてみて下さい。
 → MOS公式サイト-マイクロソフト オフィス スペシャリスト

しかし、いったいどんな問題が出題されたのでしょう。気になります。

学生・教職員はアカデミック版を!

幼稚園生から対象です。詳しくは→アカデミック パック : 購入条件

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket