こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Officeでは多くの便利な、親切な機能が存在します。
開発者の皆さんが一生懸命考えてくれたものなので、なるべく使う、慣れるようにしようとは思いますが、従来とインターフェースが違ったり、操作方法が違ったりするとついついイライラしてしまいますね。

今日はそんな機能の一つ、Office 2007から導入された「ミニ ツールバー」のお話しです。

ミニ ツールバーとは

Office2010(または2007)のWord,Excel,PowerPoint,Outlookで範囲選択をした時に表示される小さなツールバーミニ ツールバー といいます。

ミニ ツールバーは、フォントの種類やスタイル、サイズ、配置、テキストの色、インデント レベル、箇条書きなどの書式設定が行えます。

範囲選択すると自動的に現れてくれるため、慣れてくれば便利なのでしょう。
しかし、2003以前のユーザーマウスの扱いにも慣れていなくて「範囲選択がまだうまくできない」という初心者の方にとってはとっても厄介なしろものです。知らないうちに太字になったり、色が変わったり、ということが多々あります。
Word2010ミニツールバ

このミニ ツールバーがうざくて困る場合は非表示にすることができます。

ミニツールバーを非表示にする-[オプション]ダイアログボックス

こうしたOfficeの親切な(おせっかいな)機能の多くは[オプション]ダイアログボックスで制御できるようになっています。
まずは[オプション]ダイアログボックスの表示方法を覚えておきましょう。

[オプション]ダイアログボックスを表示する

  1. [ファイル]タブをクリック
  2. [オプション]メニューをクリック
    Word2010 [ファイル]メニュー−[オプション]
  3. [オプション]ダイアログボックスが開きます。

ミニツールバを非表示にする:[オプション]ダイアログボックスでの操作

  1. [基本設定]をクリックします。
  2. [選択時にミニツールバを表示する(M)]のチェックボックスをクリックしチェックを外します。
  3. [OK]ボタンをクリックします。

    Word2010[オプション]ダイアログボックス

  4. [Wordのオプション]ダイアログボックスが閉じます。

以上で設定完了です。
以後、選択時にミニツールバは表示されなくなります。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket