こんにちは。
@OfficeTAKUです。

私事ながら昨日 9月8日は誕生日でした。
Facebookでは、今までになく多くの方々からお祝いのメッセージを頂き、感謝感謝です。

さて、Facebookをはじめインターネットは、自分の都合の良い時にアクセスして、友達の近況やいろいろな情報を好きなだけみることができるわけです。

ブログであれば、投稿の日にちははっきりとしていますし、Twitterであればよほどのことがない限りそれほど時間を遡ってみることはありません。

Facebookではちょっと事情が違ってきます。
特に、お店や会社のFacebookページ担当者の方にはオススメしたいこと。

記事には「本日」「明日」だけでなく月日を入れよう

Facbookの記事には月日をいれよう
「本日と明日の2日間バーゲンセールです!」
   
「本日9/8(土)と明日9/9(日)の2日間バーゲンセールです!」

こうしておけば、9月8日土曜日の夜に友達がみつけてシェア、その友達が9月9日日曜日朝にでもその投稿をみて、「あ、今日までじゃん、行かなきゃ」ってなるかもしれません。
それが、「今日、明日」だけだと、「あ、明日もあるから今日はいいや」って思ってしまうかも。

自分がログインした時に表示されてくると、人はついつい、自分にとっての今日、いま見ている日、と思ってしまいがちなのでは?
少なくとも私はそんな間違いよくします(^_^;)

Facebookでは友達の人数や「いいね!」したFacebookページの数、それらの更新頻度により、人によっては数日前の情報が自分のニュースフィードに表示されてきます。
また、何日か前の投稿でも、友達が「いいね!」をすると、その投稿がニュースフィードに表示されてきます。
投稿の下部には、○時間前、○日前、とは表示されているのですが…

そんな特性があるので、ちょっと注意して記事を書くと親切なのでは、と思います。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket