こんにちは。
学生時代は岩波国語辞典を使っていた@OfficeTAKUです。

当然、私の学生時代は紙でした。

時代の流れですね。最近、紙の辞書をめくる機会はほとんどなくなりました。

いま、便利に利用している国語辞典は MacはOS内蔵の辞書、Spotlightから検索できて便利です。
もちろんWebサービスの各種辞書も利用しています。

そして、一番頻繁に使うのが、iPhone、iPadの「大辞林です。

大辞林

紙の本を読んでいる時、わからない言葉がでてきたときは、iPhoneの大辞林で。
iPhone(豊平文庫)やiPad(よみづくえ)で青空文庫を読んでいる時は、知りたい言葉を選択してメニューで大辞林を選ぶだけ。
一部の電子書籍リーダーも同様に検索できます。

とっても便利です。

そして、調べた単語は今まではメモをとる代わりにTwitterへ投稿しておきました。

今回のバージョンアップでFacebookへの投稿機能も付加されました(iOS6以降)。
新しい言葉も820語追加されています。

2,500円、と普通のアプリからすると高いようですが、バージョンアップされていくこの大辞林はとてもお買い得です。

iPhoneの大辞林ver2.4

右上の送信ボタンをタップするとメニューが表示されます。送信先にはTwitterに加えFacebookも追加されました。

iPhoneの大辞林ver2.4

Facebookへの投稿画面。公開範囲ももちろん選択できます。

おすすめの青空文庫リーダー

大辞林とこれがあれば漱石だって芥川だって読みほうだい。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket