こんにちは。
@OfficeTAKUです。

愛用の MacBook 今となっては非力なところは否めませんが、まだまだ充分現役で活躍してくれています。
ただ、13インチディスプレイということで、いろいろと作業をしているとやはり不便なことが多いです。

新たに外部ディスプレイを購入するのもどんなものかなぁ…

と、思っていたら、なんと、iPadをセカンドディスプレイとして利用できるアプリ「Air Display」の無償版がリリースされたというので、早速利用してみました。

Air Display Free

今回利用してみたのは、下のフリー版。無料で利用できます。

広告が表示されるだけで、あとはフル機能利用できるそうです。
Air Display

iPadをセカンドディスプレイとして利用できます。
パソコンと同じ画面を表示する、ミラーリングももちろんできます。
タッチパネルとしても利用できます。

MacもiPadも同一のWi-Fi内にいれば利用可能です。
使い方も超簡単です。

iPadでの操作

  1. iPadにAir Display Freeをインストールし起動します。
  2. 最初、下記のような画面が表示されるので、右下の矢印をタップして画面を閉じます。
  3. 画面に表示されているチュートリアル(解説)を良く読んでおきましょう。
    Air Display
  4. MacBook(パソコン側)から接続しますのでAir Displayは起動したままにしておきます。

Mac(パソコン側での操作)

  1. Air Displayアプリをインストールします。
    http://avatron.com/d へアクセスし、インストーラーをダウンロードして実行します。
  2. インストールが完了するとメニューバーに[Air Display]のアイコンが表示されます。
  3. [Air Displayを起動]をクリックします。
  4. デバイス(iPad)が表示されてくるので、選択します。
    Air Display
  5. iPadがセカンドディスプレイになります。
    PowerPointでプレゼンテーションを実行してみました。
    MacBook側がスライドショー、iPad側は発表者用の画面になります。
    Air Display
  6. 必要があれば、システム環境設定の[Air Display]、[ディスプレイ]でその他利用環境を設定して下さい。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket