こんにちは。
最近Facebookへの投稿は写真ばかりな @OfficeTAKUです。

以前、Mac G4Cube時代に間違えて数年分の写真データを消してしまったことがあります。

デジカメになってから、プリントすることはほとんどないので、その数年分は空白になってしまいました。

写真に関して、特に注意しなければ、いけないのがiPhone(などスマートフォン)。
デジカメであればSDカードなどを保存しておく、という手もありますが、PCと同期をとらず、iPhone 単体で使っていたりした場合、iPhoneに何かがあった場合、取り返しの付かないことになります。

少なくとも、パソコン(Macであれば iTunes,iPhotoなど)と同期してデータをバックアップ、さらにパソコン内のデータも外部のハードディスクやDVDなどで定期的にバックアップをとっておきましょう。

念のため、複数の違った媒体、場所にバックアップしておけばより安心。

今の時代の凄いところはクラウド(インターネット)上へ感嘆にバックアップ(コピー)できることです。
電話代を気にしながらパソコン通信やらインターネットしていた時代とはわけが違います。

iPhone クラウド ストレージ アプリ

iPhoneのクラウドストレージ アプリ

私は現在、DropBox,Google+ そして、Facebook の自動同期機能を利用しています。

万が一、いまMacBookの内蔵ハードディスクがいかれたりしても、写真に関しては安心。
Flickerもフリーの容量がアップしましたし、ますます便利になっています。

そして、また一つ iPhoneから簡単にAmazon Cloud Drive へ写真をアップロードできるアプリが登場しました。

Amazon Cloud Driveとは?

その前に、そもそも Amazon Cloud Drive とは何かというと。
Amazonのクラウド上に写真、ビデオ、書類などを保存すうことができるサービス。
Amazonに会員登録してあれば、すぐに利用できます。

容量は、無料で5GBまで。有料プランでさらに容量を追加することもできます。。

Mac用、Windows用のアプリもあり、コンピュータとの同期もとることができます。

詳細、登録はこちら:Amazon Cloud Drive
Amazon Cloud Drive に関するヘルプ

Amazon Cloud Drive

Amazon Cloud Drive Photos

  1. アプリを起動すると、ようこそ画面が表示されます。
  2. [Amazonにサインイン]をタップします。
    iPhone:Amazon Cloud drive Photos
  3. ID(メールアドレス)とパスワードを入力します。
  4. [サインイン]をタップします。
    iPhone:Amazon Cloud drive Photos
  5. 初期状態では、Wi-Fi接続時に自動保存される設定になっています。
    そのままで良ければ[OK]をタップします。(後から設定は変更できます。)
    iPhone:Amazon Cloud drive Photos
  6. 自動同期がすぐにはじまります。
    Cloud Drive 内にあるフォルダが表示されます。
    iPhone:Amazon Cloud drive Photos
  7. iPhoneの写真は[カメラロール]というフォルダに保存されていきます。
    iPhone:Amazon Cloud drive Photos

Amazon Cloud Drive の フォルダ構成

Amazon Cloud Drive には、初期時、[写真][ドキュメント][動画]の3つのフォルダが用意されています。
iPhoneの写真は[写真]フォルダ内の、[○○のiPhone]というiPhone名のフォルダが自動で作成され、そこに保存されます。
Mac:Amazon Cloud drive

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket