こんにちは。@OfficeTAKUです。

oh-no-j

  • 2013年5月24日追記:やはり、パスワードも秘密の質問も流出していた、と発表がありました。
    該当される方はパスワードの変更しておいた方がいいですね。

5月17日に発表いたしました「当社サーバへの不正なアクセスについて」の件で、引き続き調査を続けていたところ、新たに前回の最大2200万ID(Yahoo! JAPAN総ID数 約2億)のうち、148.6万件については、不可逆暗号化されたパスワード、パスワードを忘れてしまった場合の再設定に必要な情報の一部が流出した可能性が高いことを確認いたしましたので、ご報告いたします。

「当社サーバへの不正なアクセスについて」(5/17発表)の追加発表

去る5月16日にYahoo!Japan IDを管理しているサーバーに外部からの不正アクセスがあり、最大2200万件のIDが流出した恐れがあるとのこと。
しかし、幸いなことに ID データのみでパスワードやパスワードを変更するために必要な秘密の質問などは流出の恐れはないそうです。
ヤフー、最大2200万件のIDが流出の可能性–確認ツールも公開 – CNET Japan
Yahoo! JAPAN – プレスリリース

残念なことに、こうした不正アクセス、どんなにセキュリティを強化したところで、絶対に安全、ということはありません。
万が一の場合があるということを念頭に置きつつ、注意しながら利用していくしかありません。
 

自分のYahoo! Japan IDが不正アクセスの対象かどうかを確認する

  1. 下記のリンクUrlにアクセスします。
    http://urd.yahoo.co.jp/idguide/security/index/*http://docs.id.yahoo.co.jp/confirmation.html
  2. ログイン画面が表示されます。念のため開いたページのURLをしっかり確認しましょう。
    もしかしたら、私が悪いやつで、みなさんのIDとパスワードを盗もうとしているのかもしれません。
  3. 自分のYahoo!Japan IDでログインします。
  4. 結果の画面が表示されます。
    どうやら、私のIDは対象外だったようです。
    http://docs.id.yahoo.co.jp/confirmation.html

結果いかんに関わらず、今一度安全対策を見直しておいたほうがよいようです。
もし、長期間パスワードを変更していないようでしたら、この機会に変更するとよいでしょう。
また、ウイルス対策ソフトの導入、OS 特にWindows アップデートの適用など、基本的なセキュリティ対策を今一度確認しておきましょう。

キャンペーンページ  シマンテックストア

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket