こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Amazonさんから、「Adobe Creative Suite の 永続ライセンス版のパッケージ版は在庫限り」とのお知らせがありました。
Adobe Creative Suite 6/CS6 在庫限り

そこで、関連ニュースをみてみたところ、今後は Creative Cloud というものに変わるのだそうです。

以前から、体系が変わるというのは知ってはいましたが、あやふやなままだったので、調べてみました。

lecture-c_00_w250 crearivecloud-white

従来は「永続ライセンス」、これからは「サブスクリプション方式」

まず、よくわからなかったのが、「永続ライセンス」という言葉。
アドビの発表などを読んで見るとどうやら、従来の形態、製品を購入するとライセンス(使用許諾権)が購入者に付与される、その形態のことであるようです。

一方、これからアドビが勧めていこうとしている、Creative Cloud というのは、サブスクリプション方式
なんやらややこしいカタカナ語なのでわかりにくいのですが、要するに年間契約制による月額定額サービス。
毎月、決められた一定額を支払続けることで製品を利用できる、という方式。

「永続ライセンス版での新機能の提供やアップグレードは(現行バージョンの)CS6が最後」ということ。

この、永続ライセンス版が購入できる間は従来通り、その製品を購入し、使い続けることはできる。
ただし、今後、新機能やアップクレードは提供されないので、使い続けるにしても限度はあるよ、ということですね。

永続ライセンス → サブスクリプション方式

に移行していく、Adobeさんは移行して行きたいのでしょう。

なお、蛇足ながら、永続ライセンス版には、販売形態として、パッケージ版ダウンロード版があります。

どうしても手元にCDやDVDなどの媒体がないと不安だ、という方はパッケージ版(CDやDVDなどの媒体に記録され箱に入っているもの)が在庫限りなのでお早めに。
Amazon.co.jpでパッケージ版をみてみる

 
ダウンロード版の提供期限は現時点では発表されていないようです。しかし、Creative Cloud への移行を表明している以上、早晩打ち切りになることでしょうね。

では、Adobe Creative Cloudとは結局何か?

月額定額の年間契約 をすれば、Photoshop、Illustrator、DreamweaverなどおもなAdobe製品が全て使えるサービス。
専用のクラウドストレージも利用可能になります。

Adobe Creative Cloud は 常時Webに接続していなくても使える

Cloudという名前がついているので、誤解してしまいがちな点ですね、私もよく分っていませんでした。

インターネット接続が必要なのは、契約時と30日ごとの認証時(年間契約の場合)だけです。

必要な製品はダウンロードしローカルコンピュータにインストールして利用します。
従来の製品と変わらず、オフラインで利用が可能です。

Creative Cloud の料金体系

個人利用のプラン

通常の個人利用の場合は下記の2つのプランから選択することになると思います。
3製品以上利用するのであれば、単体よりも個人版の方が安上がりになる、ということですね。

  • 個人版 通常月額5,000円(年間プラン)
     CS6のユーザー特別提供版 初年度のみ月額2,200円(年間プラン)2013年7月31日申し込み分まで
  • 単体サブスクリプション版 通常月額2200円(年間プラン)
     CS3以降のユーザー特別提供版 初年度のみ月額1,000円(年間プラン) 2013年7月31日申し込み分まで

学生・教職員の場合

  • 学生・教職員向け版 通常月額4,000円(年間プラン)
     特別提供版 初年度のみ月額3,000円(年間プラン)2013年6月25日申し込み分まで

また、Adobe Storeであれば、割高になるが、年間契約ではない月額版も利用可能
、とのこと。

メリット

Adobe Creative Cloudのメリットは

  • イニシャルコスト(初期費用)がかからない
     Photoshop単体88000円、Creative Suite 6 Design & Web Premiumであれば238,000円(価格はいずれもAdobe Store 2013/6/6現在)
     例えばPhotoshopを使いたい!っていうばあい、単体の特別提供版であれば月々1,000円で使えるので、始めるハードルは低くなりますよね。
  • Mac、Windows版とも利用可能
     2台のコンピュータで同時利用が可能なので、MacとWinにそれぞれインストールして利用することが可能
     個人的にはこれが一番魅力的ですね。
  • バージョンアップなど意識しなくてもよい
    契約していれば、追加料金なく新バージョンが利用可能。バージョンアップのたびに新たな費用が発生しないのはありがたい

デメリット

  • 個人利用としては月額通常価格5,000円は高い!
  • Creative Cloudのみの(永続ライセンス版の製品を持っていない)場合は契約を解除すると使えなくなる
     使いたければ払い続けなければならない
     特別提供版の価格であれば、何とか使えるか、と思っても2年目からのことを考えると二の足を踏みます
  • 何をどう利用するかによって、永続ライセンス版を購入するか、Creative Cloudにするか、非常に悩ましいところです。

    Adobe Creative Suite 6/CS6 パッケージ版一覧
    Amazonで詳細をみる

    Adobe Creative Suite 6/CS6 ダウンロード版一覧
    Amazonで詳細をみる

    こちらもあわせてどうぞ:

    LINEで送る
    Pocket