こんにちは。
@OfficeTAKUです。

現在、家電店の店頭で販売されている個人向けのパソコンには、PowerPointもパッケージされた、Office 2013 Home Business がインストールされているものが主流になりました。

少し前までは Office Personal という形態で、「PowerPointは入っていないから別に買ってくださいね」って説明していたものです。

パワーポイントはプレゼンテーション(誰かの前で発表するというもの)をしなくても利用価値は高いアプリケーション。
オブジェクト(オートシェイプ、クリップアート、写真など)の扱いが楽で、スライドショーはお手のものなので、ポスターを作成したり、写真をスライドショーにして家族で楽しむなど、いろいろ活用できます。

文字入力さえできれば、WordやExcelよりは簡単に扱えますので、初めて手にした方はどんどん触ってみてください。

保存してあるプレゼンテーション(ファイル)を開かずに直接スライドショーを実行する

プレゼンテーションを開いてしまうと、スライドのサムネールが見えてしまったりして、舞台裏をみせるような感じで面白くありません。

  1. プレゼンテーションの保存場所を開きます

    対象となるプレゼンテーションを右クリックします

  2. 表示されたショートカットメニューから [スライドショー]をクリックします
    PowerPointプレゼンテーションを右クリック
  3. スライドショーが始まります
    スライドショー

PowerPointスライドショーとして保存しておく

PowerPointのプレゼンテーションは [パワーポイント スライドショー(*.ppsx)]形式で保存することができます。
スライドショー形式で保存しておけば、プレゼンテーションファイルをダブルクリックすると、スライドショーが実行されます。

  • PowerPoint 2013 では、[ファイル]タブ-[エクスポート]-[ファイルの種類の変更]-[PowerPointスライドショー(*.ppsx)] を選択し保存します。
    PowerPoint スライドショーとして保存
  • PowerPoint 2003 以前の場合は[ファイル]-[名前を付けて保存] で[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、[ファイルの種類]のドロップダウンリストで[PowerPointスライドショー]に変更します。

Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket