こんにちは。
初めて買った表計算ソフトはLotus 123 だった @OfficeTAKUです。
ロータス123 当時(今から30年程前)10万円弱もしたんですよ。

閑話休題(それはさておき)

Excel連番チクルス 第3夜!

今回は、意外と知らない方も多いかもしれない、オートのつかない[フィル]メニューからの連番作成方法です。
Excel2003 までは、65,536行×256列だったワークシートが、Excel 2007からは、1,048,756行×16,384列 とてつもなく大きくなりました。
今回の方法を使えば、百万までの連番も簡単に作成できますよ!

大量連番も、下にも右にもにもらくらく連番作成![フィル]メニュー-[連番データの作成(S)]

今回は 1 ~ 10 までではなく、ちょっと増やして 1 ~ 1000までの連番を作ってみます。
この方法もバージョン問わず(少なくともExcel 2000 からは)可能です。

方向と、増分値、停止値を指定して連番作成

  1. セルA1 1 (連番にしたい最初の数字) を入力します。
    セルA1 を選択します。
  2. [ホーム]タブをクリックします。
  3. リボンの右端側にある[フィル]ボタンをクリックします(オートSUMボタンの近くです)。
    表示されたメニューから[連番データの作成(S)]をクリックします。

    Excel連番 フィル [連続データの作成(S)]

  4. [連続データ]ダイアログボックスが表示されます。
  5. [範囲]:[列(C)] の オプションボタンをクリック(下方向に連番を作成する場合)
    [種類]:[加算(L)] の オプションボタンをクリック
    [増分値(S)] のテキストボックスに 1 を入力
    [停止値(O)] のテキストボックスに 1000 と入力
    最後に[OK]ボタンをクリックします。
    Excel連番 フィル [連続データの作成(S)]
  6. はい、連番の出来上がり。
    Excel連番 フィル [連続データの作成(S)]
  7. 念のため確認してみたい方は、[Ctrl]キーを押しながら[↓]キーを押します。
    おお!ちゃんと千までできてます。
    Excel連番 フィル [連続データの作成(S)]
  • Excel 2003以前では、[編集(E)]メニューの中に[フィル]コマンドがあります。
  • 数の多い連番を作るときは非常に便利です。
  • フィルハンドルドラッグして、とんでもないところまで行ったりもしません。
  • 停止値で好きな数まで確実に作れます。

今日のつぶやき

NTV「笑ってコラえて」でアリス=紗良・オットが紹介されていました。いつもは演奏の音源しか聞いていないので、実際に映像をみるとまたその若さにびっくり。リスト・チクルスならこの人ですね。
B004MVMLT6
リスト:超絶技巧練習曲集

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket