こんにちは。
初めてAKB48の総選挙のテレビ中継をちらりとみた @OfficeTAKUです。

Excel連番チクルス 第7夜

このチクルスは今夜で一区切りとします。

最終回の今回は、連番に表示形式を利用して単位を付ける方法とそのメリットです。

単位をつけるなら表示形式で指定しましょう

順位を表す連番、1位、2位、… と表示したい場合は、[セルの書式設定]-[表示形式]の[ユーザー定義]で指定する方法と、セルに直接 “1位” と入力する方法があります。

[セルの書式設定]-[表示形式]-[ユーザー定義]を利用すると連番は数値のまま

  1. セルに数字を入力
    [ホーム]タブ-[書式]-[セルの書式設定]をクリックします
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示
  2. [書式設定]ダイアログボックスが表示されます
  3. [表示形式]タブをクリック
  4. [分類]の[ユーザー定義]をクリック
  5. [種類(T)]のテキストボックスに 0″位” と入力します
  6. [OK]ボタンをクリックします
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示
  7. セル上では ”1位” と表示されます。
    このとき数式バーは 1 であることを確認しておきましょう。
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示

直接セルに入力すると文字列に

  • セルに直接 ”1位” と入力すると文字列になります
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示

数値と文字列の違い

では、上記二つの違いをみてみましょう。

  1. 下図のような順位表を作成。
    左は表示形式で、右は直接入力で順位をつけてあります。
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示
  2. 一旦、ふりがな の 50音順で並べ替えてみます
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示
  3. 順位で並び替えてみると…
    そうです、文字列にすると並び替えがうまくいきません。
    Excel連番 表示形式を利用して単位を表示

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket