こんにちは。
iPhone 5 のバッテリーが瀕死の状態でエネループ モバイルブースターを片時も手放せない @OfficeTAKUです。
iPhoneの新機種発売を首を長くしてまっています。

2014年8月31日追記
昨日 8月30日 クイックガレージ金沢 さんにてバッテリー交換してきました。
てっきり予約等が必要なのかと思い繋がらない電話を粘って粘ってなんとか繋がり問い合わせたら、「受け付け順で在庫さえあればその場で、でもぞくぞくとお客様が来店されているのでなくなるかもしれません」とのこと。
iTunesでバックアップとって急いで駆け付けたら間に合いました。まだ在庫ありました。受付時「2時間まちです、外出されますか?」とのことで、いったん読みかけの本と飲み物とりに帰宅。1時間少々して戻ると、予定よりはやく進んだようでまもなく交換して頂きました。
データも消えることなく、液晶フィルムも剥がされずにすみました。
こんなことなら AppBank Store で液晶フィルム貼ってもらえばよかった(^-^;

ただし、カウンターにはバッテリー在庫切れのお知らせが!
私が交換待ちでカウンターの席に座っているときに、「Apple次第なので、いつ入荷になるかはわかりません」とあとから来られたお客様に説明している受付のお姉さんの声が聞こえてきていました。
いやぁ、間一髪でした。

毎日、何度も充電していましたが、今日は朝起きてから10時間ほど使用していますが、まだ一度も充電せずに使い続けています。
なんて快適、っていうかこれが本来の姿なんですね

iPhone 5 をお使いでバッテリーが不調で困っている方!
そう、私もまさしくその一人。
以前、下記のような記事を書いたところ未だに多くの方にアクセスして頂いています。

で、いろいろ試行錯誤したり諦めたりしたりしていたわけですが、なんと!
バッテリーが不良品だった可能性があります。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート

先ごろAppleが「iPhone 5 バッテリー交換プログラム 」を発表しました。

ごく一部の iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明しました。対象となるのは、2012 年 9 月から 2013 年 1 月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 5 です。

お使いの iPhone 5 にこのような症状が見られ、下記の対象製品に該当する場合は、iPhone 5 のバッテリーを無償で交換させていただきます。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート

日本での交換手続きは 2014年8月29日から とのことです。

自分のiPhone5が対象かどうかを調べる

  1. 自分のiPhone 5 のシリアルナンバーを調べます
    1. ホーム画面の[設定]から[一般]-[情報]と辿ります
    2. [情報]画面を少し上にスワイプすると[シリアル番号]が表示されます。
      iPhone 5 シリアル番号
  2. Appleサポートの「iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート」ページを開きます
  3. テキストボックスに自分のiPhone 5 のシリアル番号を入力し[送信]ボタンをクリックします
  4. テキストボックスの下に結果が表示されます
    iPhone 5 バッテリー交換プログラム

バッテリー交換対象だった場合の交換手続きは三通り

上記のサイトに掲載されているように、見事!?交換対象だった場合は下記の三通りの方法からどれかを選ぶことになります

  • Apple 正規サービスプロバイダ
  • Apple Store (直営店)
  • Apple テクニカルサポート

また、すでに自費でバッテリー交換した方には返金もされるようです。

いずれも詳しくは該当のサポートページ「iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート」にてご確認下さい。

これで新機種発売まで安心して過ごせます。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket