MacBook Proに接続したハードディスク

Mac

[Mac] Windowsで利用していた古い外付けハードディスクを接続したが、 中のファイルが削除できない

こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Windows で、主にファイルのバックアップ用として利用していた古い外付けハードディスク(IO DATA HDPF-UT500K 2014/7/16生産終了)をMacBook Proに接続してみました。
MacBook Proに接続したハードディスク
ちゃんとマウントされ、デスクトップに表示されてきました。
デスクトップに表示された外付けハードディスク
中を開くとフォルダも表示され、保存されているExcelファイルも問題なく開くことができました。
しかし、上書き保存も、名前を変えての新規保存もできません。
ハードディスクには保存できない
さらに、中身を全部削除しようとしましたが、コンテキストメニューには削除する、という項目がありません。
外付けハードディスク内のフォルダを選択し表示したコンテキストメニュー
ファイルメニューの[ごみ箱に入れる]はグレーアウトして、削除することができません。
ファイルメニュー、ごみ箱にすてる、がグレーアウト

現在の環境は下記の通り
 ・mac OS High Sierra 10.13.4
 ・MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports )

原因はフォーマットの問題

原因は、フォーマットが、Windowsで使われている NTFS形式 だったためです。
Windows では、読み書きできますが、Macでは参照しかできないのです。

この、フォーマットの形式はいくつもあるのですが、とりあえず、下記の3つくらい知っていればよいかと思います。

  • Macでしか使えないもの……Mac OS拡張(ジャーナリング)
  • Windowsでしか使えないもの……NTFS
  • 両方で使えるもの……exFAT

Macのみ、両方で使えるもの、それぞれまだ種類が別れているのですが、詳細は後で紹介するリンク先のページなどを参照頂いて、現在の現実的な選択としては上記の3つなのかな、と思います。

Macで利用するためには初期化してフォーマットを変更する

Macだけで使うのか、Windowsと両方で使うのか、使用目的に合わせてフォーマットを変更すれば、使えるようになります。

  1. [LaunchPad]-[その他]-[ディスクユーティリティ]をクリックします
  2. 開いた[ディスクユーティリティ]ダイアログボックスで外付けハードディスクを選択
  3. [消去]をクリック
    Mac OS Sierra ディスクユーティリティ
  4. [フォーマット]の下向き▼ボタンをクリックして目的のフォーマットを選択します
    (Macだけなら[Mac OS拡張(ジャーナリング)]、Windowsと両方なら[ExFAT] を選択)
  5. [消去]ボタンをクリックします
    Mac OS ディスクユーティリティ フォーマット選択
  6. これで中のデータが全部消去され、フォーマットが変更されます。

フォーマットされる場合は自己責任でお願いします。
くれぐれも間違えて、[内蔵]- [MacintoshHD] を消去しないようにしましょう。

フォーマットの形式について詳しくは下記のページなどご参照ください。
macOS SierraのためのDisk Utility: 「ディスクユーティリティ」を使用してボリュームを消去する

関連記事

  1. Googleドライブ設定
  2. Mac

    Mac Book 起動せず!トラブルは忘れた頃にやって来る

    今朝、Mac Book(2007年3月購入) を起動しようと電源を入れ…

  3. iPhotoライブラリの選択画面
  4. iOS

    Macでも快適、MS Office!SkyDriveとOffice Web Apps

    Microsoftのオンラインストレージ、SkyDrive先頃…

  5. Mac

    Spaces の デスクトップ は 個別に設定できる

    Mac OS X の Spaces は、利用しているアプリケーションな…

最近の記事

  1. Ocean-C USB扇風機

Twitter でフォロー

PAGE TOP