ITパスポート


コンピュータ初級者向け資格試験

ここではOfficeTAKUがおすすめする、コンピュータ初級者向けの資格試験を紹介しています。

現在ではパソコンが使えて当たり前、ですが、意外ときちんとした使い方をしていない方が多いようです。
資格はあるに越したことはありませんが、取得するしないは別にして、こういった資格試験の勉強をすることで、体系的な操作知識が身に付きます。

一つの目標として、取り組んでみるのも良いと思います。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)は、マイクロソフトのOffice製品の利用能力を証明する資格。パソコンソフト・エンドユーザー向けの資格の中で も、人気・実用度ともにトップクラスの資格試験
それぞれのアプリケーションの操作能力を高めたい方にお勧めです。

Word、Excelはスペシャリストとエキスパート2つのレベルがあります。また、各バージョンを指定しての受験となりますので、ご自分の受験するバージョンが決まったら、そのバージョンにあった試験対策をして下さい。

Word(Specialist、Expert)、Excel(Specialist、Expert)、Access、PowerPoint、Outlook
受験料 一般 10,584円、上級 12,744円
◆OFFICE 2016の一斉試験 ○試験日 毎月1回〜2回
※各スクールなどでの随時試験あり。
詳細は下記のページへ

日商PC検定

日商PC検定は、日本商工会議所が主催する検定で、ビジネス現場でのPC活用能力を証明する資格です。

検定は2つの科目に別れています。
いわゆるワープロでの文書作成能力やビジネス知識を問う、日商PC検定試験(文書作成)
表計算ソフトを利用したデータ処理能力やビジネス知識を問う、日商PC検定(データ活用) です。

両科目とも難易度の高い順に、1級、2級、3級、ベーシック の4つの級があります。実技だけではなく、知識問題もありますので、きちんとした対策が必要です。

https://www.kentei.ne.jp/

P検(ICプロフィシエンシー試験)

パソコン検定委員会主催の民間資格。学校教育と社会・企業に共通する「ITスキル評価基準」を統合・体系化した資格試験。一般的なソフトウェア操 作のみならず、パソコン知識、ネットワーク、モラルなど、IT活用スキル全般をカバーした内容となっている。5級~1級までの6つの級がある。
4級(基本的活用能力習得者/応用的活用【初級レベル】-企業入社時の基礎的なパソコン研修を必要としないスキルレベル) 
検定料 3,000円、随時https://www.pken.com/

IC3 (Internet and Computing Core Certification)

IC3( INTERNET AND COMPUTING CORE CERTIFICATION )は、今まで漠然と判断されてきたコンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる世界共通の資格試験です。 2002年2月にアメリカでスタートし、日本では同年11月より開始。現在では世界150か国以上で実施されています。
「コンピューティング ファンダメンタルズ」 「キー アプリケーションズ 」 「リビング オンライン」の3科目で構成され、認定証は3科目全てに合格後に発行されます。
1科目 5,250円(税込)  3科目一括 14,175円(税込)https://ic3.odyssey-com.co.jp/
詳細は下記のページへ

ITパスポート

IPA(情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験の一つの区分であり、エントリーレベルの資格。経済産業省が認定する国家資格です。

ITの発達した現代社会へ飛び立つパスポートとなる試験。

受験料  5,700円(税込)
試験時間 120分
問題数  100問

詳細は下記のページへ

試験対策テキスト・問題集

ITパスポートは年度によって出題範囲が変更されます。
そのため、テキスト、問題集は必ず受験する年度、その時の最新のテキストを購入しましょう。

ITパスポート 2019年度 シラバスVer4.0対応 テキスト

高橋京介『(2019年度)いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集』

現在、私が教える専門学校のテキストとして利用されているのがこれ。
初心者に親切な優しい表記がなされています。
このテキストで基本を学び、別途、過去問題集を繰り返すことをおすすめします。

坂下夕里&ラーニング編集部『かんたん合格 ITパスポート教科書 2019年度』

(全文PDF・単語帳アプリ付)
こちらも初心者むけの優しい解説が心がけらています。
うれしいことに、テキストの中では安価です。
PDF版もアプリもダウンロードできようになっていますので、スマホなどで移動中に読むこともできます。
このテキストで全体の基礎知識を得たら、別途、問題集を繰り返しましょう。

かんたん合格 ITパスポート過去問題集 令和元年度 秋期

(全文PDF・単語帳アプリ付)
上に紹介したテキストと同じシリーズの問題集。私はこれ1冊で済ませました。

FOM出版『2019年度版 ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 (よくわかるマスター)』

おなじみFOM出版の緑色のテキスト。先に紹介したテキストよりはちょっと固めの内容。
こちらは、テキストと問題集が1冊になっています。
CD-ROMで過去問題プログラムも付属してきます。
これ1冊でOKです。

【PR】合格率は全国平均の1.67倍!高い合格率のITパスポート講座とは?

ビジネスの基礎知識も身につくIT資格

ITパスポート試験では、社会人として必要な、会社の仕組み、会計の基礎知識、法務の基礎知識、そして、システムの全体像、ハード・ソフトの基礎知識、と幅広い知識が学べます。

ITパスポートを取得することで、
システムが業務の中で、その組織の中でどう位置づけられているか把握でき、現場とIT部門、スペシャリストたちの橋渡しをできる、そんな力がつきます。

また、システムエンジニアなどITスペシャリストを目指すにしても、ビジネスの基本的な知識をみにつけておくことは必須ですから、ITスペシャリストへの入り口としても位置づけられるます。

冒頭に引用したように、ITが発達した現代社会へ羽ばたくためのパスポートなのです。
チャレンジして損はない資格です。

最近の記事

  1. Kindle Daily Sale 19
  2. Kindle Daily Sale 19
  3. Kindle Daily Sale 18
  4. Kindle Daily Sale 17
  5. Kindle Daily Sale 16
  1. Photo by Will Francis on Unsplash

    Facebook

    [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  2. WordPress

    [WordPress]ロリポップサーバーで不要になったWordPressサイトを…
  3. Microsoft PowerPoint MVP 河合浩之

    PowerPoint

    [PPT] あなたのPowerPointプレゼンテーションを劇的に変えてしまうで…
  4. WebService

    [Amazon]【30日間無料体験】絶対おすすめ!アマゾン プライム会員。買い物…
  5. Scratch 2.0

    Web

    Scratch (スクラッチ)を ちょっとだけ勉強して、かんたんな作品『のっティ…
PAGE TOP