こんにちは。
もうすぐ財産差し押さえられそうな @OfficeTAKUです。

うわぁ、たいへん。

2013-12-04_oh-no_s
ノートンモバイルセキュリティバナー

いま、流行りのメールがやってきました。

典型的だが脇のあまい架空請求詐欺 M・U・F債権回収株式会社、日本IT関連総合弁護団

Gmail ではちゃんと迷惑メールに仕訳してくれてありましたが、このドメイン宛へのメールは携帯へ転送かけてあり、携帯の方へも届いたので目にふれました。

そこで Gmailの迷惑メールフォルダーを検索したら、いらっしゃいましたよ(^^)/

1通は『M・U・F債権回収株式会社』から、あなたの財産は差し押さえるよ、ってめーる。
もう1通は『日本IT関連総合弁護団』から、あなたを救ってあげます、っていうの。

爆笑ものなのは、送信者のアドレスがどちらも同じ info@raesmbga.com になっていることです。

これでだまされる人はいないと思いますが、念のため掲載しておきます。

内容は下記の通り
メールアカウントの伏字は天才者、あ、ちがった転載者、すなわち私です。

件 名:※【****@******.com】の所有者へ、【財産差し押さえ】通知※
差出人:【M・U・F債権回収株式会社】 info@raesmbga.com

本通知をもちまして、[****@******.com]の所持者に対する※財産差し押さえ※の執行を通知させて頂きます。

当社は[****@******.com]のメールアドレスにて利用、未払い及び遅延損害金が発生している代金を債権として複数サイト様より譲り受けし、債権を回収する為、※財産差し押さえ※の法的許可を得た上で、本通知を[****@******.com]の所持者へお送りしております。

利用番組数:8件
未納額合計:¥3,550,000

上記の【355万円】の債権を[1週間以内]に※財産差し押さえ※をもって回収させて頂きます。

尚、[****@******.com]の情報を元に、既に身辺調査等は完了しており、[****@******.com]の所持者のご自宅・ご実家の家財道具や家電、給与口座からの強制徴収、口座凍結及び預金徴収、車、不動産、株式、貴金属、生命保険掛金、その他、換価可能な物すべてを※強制執行※財産差し押さえ※として差し押さえ、未払金の補填とさせて頂きます。

当社は正式な法的手続きを行い、既に貴殿の※財産差し押さえ※を[1週間以内]に執行する事は決定されておりますので、メールアドレス相違、その他いかなる事由が原因であっても、それは当社に起因するものではなく、貴殿、または他社が原因となるものです。
従いまして、本通知に関するお問い合わせ等は一切お受けすることは出来ません。

M・U・F債権回収株式会社
担当:二階堂正巳

架空請求詐欺 M・U・F債権回収株式会社

件 名:【《355万円》の未払金を元とした、【財産差し押さえ】が確定してしまっています!大至急、ご連絡を下さい。】8656446
差出人:日本IT関連総合弁護団 info@raesmbga.com

日本IT関連総合弁護団様よりメッセージ受信

※お返事は下記URL※
(無料メール可能)

http://jrkdssy.mobi/member/pp.do?pp=6UZK71BOJEw=&url=messageReply&message_id=*****

M・U・F債権回収株式会社という業者から財産差し押さえ通知が届いてることはご存知でしょうか?
我々は貴方様を救うためにご連絡を差し上げています。
メールを確認し、大至急、お返事を下さい。
架空請求詐欺 日本IT関連総合弁護団

Google先生に聞いてみるといっぱい報告があがっていました。

『M・U・F債権回収株式会社』 は、下記の  『エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社(MUフロンティアサービサー)』さんをパクったものでしょう。
でもサイトみる限りそんなに迷惑には感じられていないようです。

法務大臣の許可した債権回収会社でなければ,債権管理回収業を営むことができません(債権管理回収業に関する特別措置法第3条)

と、いうことなのだそうです。
身に覚えのない請求がきたらちゃんと確かめましょう。

悪質な業者が,「法務大臣の許可した債権回収会社」の名前又は類似の債権回収会社の名前をかたって,「債権譲渡を受けた」などとして,架空の債権を請求するケースについての相談・情報が,法務省や消費生活センター等に寄せられています。

法務省:債権回収会社と類似の名前をかたった業者による架空の債権の請求に御注意ください

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket