こんにちは。「そろそろMOS、2010バージョン受験しなきゃ」と思っている @OfficeTAKU です。

最近、FacebookかiPhoneなんかの話題ばかりなのですが、授業では相変わらずOffice使っています。

Wordでの文書作成は

  1. テキスト入力(ベタ打ち)
  2. 書式設定

という順番がおきてなのですが…

入力の途中でついつい文字書式を変更してしまい、次の文字、あるいは改行して新たに文字を入力しはじめると、文字書式がそのまま継承されてしまい、マウスを持って元にもどす、なんてことをしていませんか?

そんなときに便利なショートカットが

[Ctrl]+[Space]:文字書式の解除(標準スタイルに戻す)

  1. 文字を入力し、選択、フォントHGP創英角ポップ体、サイズを16pt に変更しました。
    Word2010
  2. 改行し(改行しなくても)文字を入力しはじめると・・・
    同じ書式で文字が入力されてしまいますorz
    Word2010
  3. 新たに文字を入力する前に [Ctrl]+[Space]
    標準スタイルに戻ります。
    デフォルト(初期状態)の、10.5pt、MS 明朝 という標準スタイルで文字が入力されます。
    Word2010

※ ただし、段落書式は標準状態にもどりません。
  改行前に右揃えしてあると、[Ctrl]+[Space]で文字書式は戻っても、段落配置は右のまま。

  
  段落書式の解除は、[Ctrl]+[Q]

さらに、一緒に覚えておくとべんりなのが、段落配置のショートカットキー

右揃え :[Ctrl]+[R]
中央揃え:[Ctrl]+[E]
左揃え :[Ctrl]+[L]
両端揃え:[Ctrl]+[J](これがデフォルト)

word2010

どうでしょう?お役に立ちましたでしょうか?
お役にたったら、「いいね!」ボタン、ランキングボタンなどをポチッとして頂けると嬉しいです。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket