ソフトウェア

Adobe 製品 永続ライセンス版パッケージ版は在庫限りというけれど… Adobe Creative Cloud って?今までとどう違うのだろう?

こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Amazonさんから、「Adobe Creative Suite の 永続ライセンス版のパッケージ版は在庫限り」とのお知らせがありました。
Adobe Creative Suite 6/CS6 在庫限り

そこで、関連ニュースをみてみたところ、今後は Creative Cloud というものに変わるのだそうです。

以前から、体系が変わるというのは知ってはいましたが、あやふやなままだったので、調べてみました。

lecture-c_00_w250 crearivecloud-white

従来は「永続ライセンス」、これからは「サブスクリプション方式」

まず、よくわからなかったのが、「永続ライセンス」という言葉。
アドビの発表などを読んで見るとどうやら、従来の形態、製品を購入するとライセンス(使用許諾権)が購入者に付与される、その形態のことであるようです。

一方、これからアドビが勧めていこうとしている、Creative Cloud というのは、サブスクリプション方式
なんやらややこしいカタカナ語なのでわかりにくいのですが、要するに年間契約制による月額定額サービス。
毎月、決められた一定額を支払続けることで製品を利用できる、という方式。

「永続ライセンス版での新機能の提供やアップグレードは(現行バージョンの)CS6が最後」ということ。

この、永続ライセンス版が購入できる間は従来通り、その製品を購入し、使い続けることはできる。
ただし、今後、新機能やアップクレードは提供されないので、使い続けるにしても限度はあるよ、ということですね。

永続ライセンス → サブスクリプション方式

に移行していく、Adobeさんは移行して行きたいのでしょう。

なお、蛇足ながら、永続ライセンス版には、販売形態として、パッケージ版ダウンロード版があります。

どうしても手元にCDやDVDなどの媒体がないと不安だ、という方はパッケージ版(CDやDVDなどの媒体に記録され箱に入っているもの)が在庫限りなのでお早めに。
Amazon.co.jpでパッケージ版をみてみる

 
ダウンロード版の提供期限は現時点では発表されていないようです。しかし、Creative Cloud への移行を表明している以上、早晩打ち切りになることでしょうね。

では、Adobe Creative Cloudとは結局何か?

月額定額の年間契約 をすれば、Photoshop、Illustrator、DreamweaverなどおもなAdobe製品が全て使えるサービス。
専用のクラウドストレージも利用可能になります。

Adobe Creative Cloud は 常時Webに接続していなくても使える

Cloudという名前がついているので、誤解してしまいがちな点ですね、私もよく分っていませんでした。

インターネット接続が必要なのは、契約時と30日ごとの認証時(年間契約の場合)だけです。

必要な製品はダウンロードしローカルコンピュータにインストールして利用します。
従来の製品と変わらず、オフラインで利用が可能です。

Creative Cloud の料金体系

個人利用のプラン

通常の個人利用の場合は下記の2つのプランから選択することになると思います。
3製品以上利用するのであれば、単体よりも個人版の方が安上がりになる、ということですね。

  • 個人版 通常月額5,000円(年間プラン)
     CS6のユーザー特別提供版 初年度のみ月額2,200円(年間プラン)2013年7月31日申し込み分まで
  • 単体サブスクリプション版 通常月額2200円(年間プラン)
     CS3以降のユーザー特別提供版 初年度のみ月額1,000円(年間プラン) 2013年7月31日申し込み分まで

学生・教職員の場合

  • 学生・教職員向け版 通常月額4,000円(年間プラン)
     特別提供版 初年度のみ月額3,000円(年間プラン)2013年6月25日申し込み分まで

また、Adobe Storeであれば、割高になるが、年間契約ではない月額版も利用可能
、とのこと。

メリット

Adobe Creative Cloudのメリットは

  • イニシャルコスト(初期費用)がかからない
     Photoshop単体88000円、Creative Suite 6 Design & Web Premiumであれば238,000円(価格はいずれもAdobe Store 2013/6/6現在)
     例えばPhotoshopを使いたい!っていうばあい、単体の特別提供版であれば月々1,000円で使えるので、始めるハードルは低くなりますよね。
  • Mac、Windows版とも利用可能
     2台のコンピュータで同時利用が可能なので、MacとWinにそれぞれインストールして利用することが可能
     個人的にはこれが一番魅力的ですね。
  • バージョンアップなど意識しなくてもよい
    契約していれば、追加料金なく新バージョンが利用可能。バージョンアップのたびに新たな費用が発生しないのはありがたい

デメリット

  • 個人利用としては月額通常価格5,000円は高い!
  • Creative Cloudのみの(永続ライセンス版の製品を持っていない)場合は契約を解除すると使えなくなる
     使いたければ払い続けなければならない
     特別提供版の価格であれば、何とか使えるか、と思っても2年目からのことを考えると二の足を踏みます
  • 何をどう利用するかによって、永続ライセンス版を購入するか、Creative Cloudにするか、非常に悩ましいところです。

    Adobe Creative Suite 6/CS6 パッケージ版一覧
    Amazonで詳細をみる

    Adobe Creative Suite 6/CS6 ダウンロード版一覧
    Amazonで詳細をみる

    http://pakumori.net/「おいでよパクツイの森」でパクツイが横行していることを知って「なぜRTしないの?」と不思議に思っていたらセブ山さんが追求してくれていた前のページ

    Kindle本セールに星新一「ボッコちゃん」登場!次のページ今週のKindl本セール Amazon.co.jp

    ピックアップ記事

    1. [PPT] あなたのPowerPointプレゼンテーションを劇的に変えてしまうで…
    2. 【Amazon】6ヶ月間無料体験可能! 学生のみなさん Amazon Prime…
    3. 記憶と記録をデジタル化しておくことの重要性と検討すべき項目を整理してみた
    4. [レビュー] リンダ・リウカス『ルビイのぼうけん こんにちは!プログラミング』:…
    5. 【Instagram】iPhoneアプリ版インスタグラムアカウントを非公開アカウ…

    関連記事

    1. おすすめ

      【Amazon.co.jp限定】「Office 2013 Home and Business Sky…

      こんにちは。@OfficeTAKUです。Microsoft…

    2. Windows

      [Windows] Google ChromeもFirefoxも持ち歩こう!USBメモリに入れて持ち…

      こんにちは。仕事ではWindows使い @OfficeTAKU で…

    3. http://cyberduck.ch/

      Windows

      Lenovo E430c(Windows 8 ) に FTPクライアント Cyberduck をイ…

      こんにちは。@OfficeTAKUです。最近ブログ…

    LINE公式アカウント:OfficeTAKU

    OfficeTAKU Line公式アカウントバナー

    最近の記事

    1. ふくふくbyもく遊リん
    2. Lenovo IdeaPad Duet Chromebook
    3. Microsoft Surface Pro 7

    人気の記事

    1. 日商PC検定
    2. ロジクール MX KEYS(MAC用)
    1. WebService

      【30日間無料体験】Amazon プライム 会員 特典一覧
    2. マンガ『スティーブズ』

      電子書籍

      [KIndle] Appleの創始者である2人のスティーブを描いた漫画『スティー…
    3. 芝寿し「冷凍寿し 小袖棒寿し 甘えび」

      グルメ

      おすすめ!芝寿しさんの冷凍寿しを食べてみたら甘海老がぷりぷりで美味しかったです!…
    4. WEB会議などで使える「スタジオジブリ壁紙」

      WebService

      【Zoom】スタジオジブリ・ヱヴァンゲリヲン・調布市役所さんなどバーチャル背景無…
    5. WebService

      [Amazon]【30日間無料体験】絶対おすすめ!アマゾン プライム会員。買い物…
    PAGE TOP