Photo by Samuel Zeller on Unsplash

Excel

[Excel] エクセルで目標日までのカウントダウンを表示する

こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Excelでは日付の計算ができます。
今回は目標日までの日数を計算してみたいと思います。

Excelで目標日まで「あと◯日」とカウントダウンさせる

今回の完成イメージは下図の通り
Excel日数計算 カウントダウン

今回使う機能は3つ
・TODAY関数
・引き算
・ユーザー定義表示形式

予め下記のように文字を入力し、文字列の配置など書式を設定しておきます。
Excel日数計算 カウントダウン
セル A3 と セル B3 はフォントサイズを若干大きくしてあります。

TODAY関数で今日の日付を表示する

  1. セルB2を選択します。
  2. キーボードで =today() と入力し[Enter]キーを押します。
    Excel日数計算 カウントダウン
  3. 今日の日付が表示されます。
    Excel日数計算 カウントダウン

目標日は未来日付を手で入力する

今回の目標日は来年2019年のセンター試験の1日めとします。
>>平成31年度試験情報|大学入試センター

  1. セル B5 を選択します。
  2. キーボードで 2019/1/19 と入力し[Enter]キーを押します。
  3. 目標日が表示されました。
    Excel日数計算 カウントダウン

引き算で目標までの日数を表示する

  1. セル B3 を選択します。
  2. キーボード・マウスを利用し、数式 =B5-B1 と入力したら[Enter]キーを押します。
    Excel日数計算 カウントダウン
  3. 目標日までの日数が表示されます。
    Excel日数計算 カウントダウン

ユーザー定義表示形式を編集に「◯日」の「日」をセル内に表示する

  1. セル B3 を選択します。
  2. [セルの書式設定]ダイアログボックスを開きます。
    (右クリック、あるいは Win:[Ctrl]+1, Mac:[command]+1 など)
  3. [表示形式]-[分類] [ユーザー定義]を選択します。
  4. [種類:]のテキストボックスに #,##0 “日” と入力します。
    (単に 0”日” でもOKです。)
  5. サンプル欄で表示を確認し、[OK]ボタンをクリックします。
    Excel日数計算 カウントダウン
  6. これで完成です。
    Excel日数計算 カウントダウン
まとめ
  • TODAY()関数を利用することで、常に今日から目標日までの日数が表示されます。
  • 数式や数値のセルに単位などを表示したい場合は[ユーザー定義]表示形式を利用します。

▼Excelの日付に関しては下記の記事もご参照下さい。




[Excel] エクセルの日付は連番で管理されている前のページ

[Amazon Echo]アマゾンエコーでライトリングが黄色い点滅になった時の原因と対処方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 以前のTwitter画面に戻せる拡張機能「GoodTwitter」が便利「Twi…
  2. 【Instagram】iPhoneアプリ版インスタグラムアカウントを非公開アカウ…
  3. 話題のDeepL翻訳はアプリをインストールするとより便利
  4. Amazonプライム・ビデオで今見ておくべき作品
  5. [レビュー] リンダ・リウカス『ルビイのぼうけん こんにちは!プログラミング』:…

関連記事

  1. Excel連番 データが入力されたら連番をふる
  2. Excel表示倍率 選択範囲に合わせる

LINE公式アカウント:OfficeTAKU

OfficeTAKU Line公式アカウントバナー

最近の記事

人気の記事

  1. Surface Mobile Mouse
  1. Photo by Szűcs László on Unsplash

    Mac

    [Mac] Macで時報をアナウンスさせるようにしたら意外と便利です
  2. マンガ『スティーブズ』

    電子書籍

    [KIndle] Appleの創始者である2人のスティーブを描いた漫画『スティー…
  3. Instagram(インスタグラム)へMacのブラウザSafariから投稿する方法

    Web

    Instagram(インスタグラム)へMacのブラウザSafariから投稿する方…
  4. Canva

    WebService

    これはおすすめ! Canva:ブログやSNSのヘッダ画像など、かんたんに、かっこ…
  5. Mac

    【Mac】音声読み上げを利用する方法
PAGE TOP