onenote

【OneNote】Microsoft OneNote(ワンノート)をMacでもiPhoneでも


こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Surface Pro 7 導入に伴う環境整備の一環として、マイクロソフト ワンノートを利用し始めました。

Microsoft OneNote(ワンノート)とは

ちょっとしたメモ、授業のための準備資料、覚えなど、パソコンでも、スマートフォンでも、タブレットでも、どこでもみることができたら便利です。
徹夜して資料まとめたのに、自宅のパソコンの中にしかない、っていう経験、以前はよくありました。

そんな不便を解消し、メモやドキュメントを、ネットワーク環境さえあれば、いつでもどこでも利用できるツール、それが Microsoft OneNote です。

Microsoft OneNoteの特徴

利用環境としての特徴は、

  • Office365(Microsoft)アカウントがあれば利用できる
  • ブラウザでも利用可能
  • Windows PC、Mac、iPhone、iPad、Androidoのスマホ・タブレット用のアプリで利用可能
  • クラウド上(OneDrive)にファイルがあり同期される(どこでも、どのデバイスでも利用することができる)

アプリ(ツール)としての機能的な特徴としては、

  • ノートブック、セクション、ページという単位で管理される
  • 文字、画像・写真、ファイルなどを保存できる
  • 手書きの文字を書き込む、デザイン等を描き込むことができる
  • 音声メモも添付できる

OneNoteを使用しようと思った理由

以前、下記のような記事を書きました。

情報を集積・整理・共有するサービス・ツールは、Google Drive等のGoogleのサービス、Evernote、Dropbox、などなど様々。

それぞれ一長一短ありますが、今回 OneNoteを使用しようと思ったわけは、

  • Office 365を利用していること
    容量的にも、セキュリティ的にも安心であること
  • Windows10・Surface Pro 7 の 機能を存分に使えること
  • Mac・iOS環境でも以前より使いやすくなったこと
  • Evernoteにはプライベートな情報がかなり溜まってしまっていること

そうした理由から、特にWindowsがメインの授業に関わる資料・メモなどを手始めにOneNoteにまとめることにしました。

Evernoteのデータを全面的に移行するかどうかは、もう少し考えてみたいと思います。

アカウントログインだけではノートブックが表示されない

最初に利用し始めたOneNoteであれば、OneNoteを立ち上げ、アカウントにログインすれば、既存のノートブックが同期され、表示されました。特に開く必要がなかった、と思います。

しかし、Windows版のOneNoteで先に作成したノートブックは、Mac版・iPhone版のOneNoteでは、最初にOneDriveに保存されたノートブックを開く必要があります。
MacでOneNoteを立ち上げ、アカウントにログインした時は下図のように何もノートブックが開いていいない状態です。
Microsoft OneNote

Windowsでも2台目だと同じなのかも知れません?まだ検証できていませんので、また後日、検証してみたいと思います。

Mac版OneNoteで既存のノートブックを開く方法

ノートを開く手順は下記の通りです。

  1. OneNoteを起動します
  2. ノートブックが閉じられた状態(下図の赤丸の部分)にします。
  3. [ノートブックの追加]をクリックします
    Microsoft OneNote
  4. [OneDrive(Documents)]-[NoteBooks]フォルダ内にノートブックがあるので、選択します。
  5. [開く]ボタンをクリックします。
    Microsoft OneNote
手順2,3のかわりに、メニューの[ファイル]-[ノートブックを開く]でもOKです。
Microsoft OneNote
ノートブックの保存先について

Surface Pro 7・Windows 10のストアアプリ版のOneNoteで作ったノートブックの保存先が、上記の4の場所でした。
ただ、クイックノートと呼ばれる機能で作成されたノートブックはOneDrive(Documents)の直下に保存されていました。
使用しているOneNoteアプリの種類によって保存先が違ってくることもあります。
  作成して間もないものであれば[最近使用したファイル]から探したほうが早いです。

iPhone版OneNote

iPhone版のOne Noteでも同様にノートブックの読み込みをしましょう。

  1. アプリを起動します。
  2. 画面下部の[ノートブック]アイコンをタップ
  3. [その他のノートブック]をタップします
    Microsoft OneNote
  4. [最近の項目]に最近利用したノートブックが表示されます。
    読み込みたいノートブックをタップします
  5. もし[最近の項目]にない場合は下部の[参照]をタップします
    Microsoft OneNote
  6. OneDriveが表示されるので、そこから目的のノートブックを選択してください
    Microsoft OneNote
  7. ノートブックが表示されます。
    Microsoft OneNote

まとめ

OneNoteはマイクロソフトアカウントさえあれば無料で利用できます。
そして、Office365を契約しているのであれば、管理も細かくできます。
セキュリティ面でも無料サービスを利用するよりは安心です。

と、いうことで、こんかいのまとめ

Office365使用しているならOneNote(ワンノート)で情報管理!


【Facebook】PCブラウザ版の新しいデザインを試してみました前のページ

【WordPress】サイトヘルスチェックで指摘された問題点を解消次のページ

ピックアップ記事

  1. 記憶と記録をデジタル化しておくことの重要性と検討すべき項目を整理してみた
  2. 机からケーブルを落とさない NuAns WORKLIFE FOLDKEEPER …
  3. [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  4. Amazonプライム・ビデオで今見ておくべき作品
  5. 3.11復興とは?問うドキュメンタリー:メディアが語らない真実「被災地の水産加工…

関連記事

  1. OneNoteからTwitter

LINE公式アカウント:OfficeTAKU

OfficeTAKU Line公式アカウントバナー

最近の記事

  1. BenQ デスクライト WiT MindDuo

人気の記事

  1. Surface Mobile Mouse
  1. Photo by Samuel Zeller on Unsplash

    Excel

    [Excel] エクセルで目標日までのカウントダウンを表示する
  2. Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

    Excel

    [Excel] エクセルで「名前」を使ってみよう! Vol.5 数式に[名前]を…
  3. Time Machine からの復元

    Mac

    [Mac] MacBook Pro SSD交換プログラム修理完了!タイムマシンの…
  4. Surface Mobile Mouse

    ハードウェア

    【レビュー】Microsoft Surface Mobile Mouse 薄くて…
  5. リボルテック ダンボー ミニ

    玩具

    リボルテック ダンボー ミニ (REVOLTECH DANBOARD mini…
PAGE TOP