パソコンを使っている方ならだれでもできる節電策をマイクロソフトが公開しています。

個人利用では、電源オプションでパソコンの電源設定を変更している、という方は少ないでしょう。
たいていは購入したときのまま利用していることと思います。

しかし、マイクロソフトが検証したところ、設定変更することで約30パーセントの節電が可能、とのことです。

ただ、電源オプションを開いてもどんな設定にすればよいのか、はっきり言ってわかりにくいです。時間をかけて、じっくりと設定項目を検討すればよいのですが、なかなか…

そこで活用したいのが、マイクロソフトが配布している、Windows パソコンの自動節電プログラム

電源オプションの設定いじるのが面倒だ、解らない、という方は、ぜひ利用してみて下さい。

Windows PC 自動節電プログラム Fix It

下記のページから、ダウンロードしインストールするだけです。

Windows PC 自動節電プログラムについて|マイクロソフト サポート オンライン

このページにインストール方法の詳細も記載されていますので、一通り目を通してみて下さい。

[Fix It] ボタンをクリックし、あとは指示に従ってインストールしていきます。

Win Fix It ダウンロードページ

こちらのページにも記載されていますが、メーカー独自電源管理ソフトが搭載されているなど、一部の機種ではこのプログラムが有効にならないことがあります。その場合はメーカーのマニュアルやWebサイト、問い合せ窓口などで確認してみて下さい。

PCの節電について、より詳しい情報は下記のページに記載されています。
Windows PC 節電策|マイクロソフト

たとえば、
1時間45分以内であれば、シャットダウンするよりも スリープの方が省電力
とのこと。こまめにシャットダウンすればよい、という訳ではないのです。

参考にして少しでも節電していきたいですね。

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket