こんにちは。
ジップロックからようやく卒業 @OfficeTAKUです。

あれほど暑かった夏もいつの間にか終わりに近づいているようで、涼しい日も多くなりました。
いままではシャワーだけで済ませていましたが、そろそろ湯船につかりたくなる季節も間近。

iPhoneとともにお風呂に入りたい、ジップロックもいいけどもっとしっかりしたものを探しておりました。
先日、セミナーのため状況した折に立ち寄った AppBank Store 渋谷PARCO 店 で見つけました。

PRECISION Splash Proof case Large (White)

シンプルなつくり、980円というお手頃価格(2015年8月現在)なのが魅力。
色は迷いましたが白にしました。

PRECISION Splash Proof case Large (White)
B012CANEGM

実際に使ってみると、
ジッパーが二重になっていて、かなり固い。
開けるのもけっこう力がいります。

iPhone 6 Plus のケースを外して、Splash Proof caseの中に入れます。
薄めのケースなら装着したままでも大丈夫かもしれません。
私が利用しているOMAKERクリアソフト保護ケースでも大丈夫ですが、私はさらに裏にバンカーリングをつけているので出っ張ってしまいます。
そのため、ケースを外しiPhone 6 Plus を裸にして入れました。

ダブルジッパーは思いきりぎゅっ、ぎゅっ、と押し込むとしっかり閉じられます。

開け閉め少々大変ではありますが、その分安心感があります。

PRECISION Splash Proof case Large (White)

サイドのボタン類の操作はできないと思った方がいいかな。
音量ボタンはともかくサイレントボタンの操作はやめておいた方がよいでしょう。

音は多少こもるけれど、YouTubeなど動画をみたりする分には全然支障がありません。

タッチパネルの操作はまったく問題ありません。さすがに指紋認証は効かないのでパスコード入力してロック解除しました。

ストラップホールがあるので、雨の日はiPhoneを首からぶら下げて傘さしながら散歩ができます。
透明度が高い素材なのでカメラでの撮影も特に問題なく行えます。
下は雨の朝の散歩時に撮影した写真です。クリックすると拡大するので確認してみて下さい。
PRECISION Splash Proof case Large (White)に入れたiPhone 6 Plusで撮影した写真 PRECISION Splash Proof case Large (White)に入れたiPhone 6 Plusで撮影した写真 PRECISION Splash Proof case Large (White)に入れたiPhone 6 Plusで撮影した写真 PRECISION Splash Proof case Large (White)に入れたiPhone 6 Plusで撮影した写真

料理しながらキッチンで使用するときなんかもいいですね。
濡れた手でも気にせずクックパッド見ながら料理もできます。

良い買い物でした。

B012CANEGM

こちらもあわせてどうぞ:

LINEで送る
Pocket