Photo by rawpixel on Unsplash

MS Office

[Office] Office Insider で Office 365 の 新機能を確認する・いち早く機能を試す Mac編

こんにちは。
@OfficeTAKUです。

マイクロソフトオフィス の 種類について以前の記事で大雑把に違いをまとめてみました。

そこでも述べましたが、サブスクリプション型と呼ばれる形態の Office 365 は常に機能が更新されていく、という特徴があります。
もし、Office 365 をお使いであれば、せっかくなので 新機能を試してみましょう。

Office 365 の新機能を知る

Office 365 の新機能はMicrosoft公式Webサイトで知ることができます。

下記のサイトでは、Windows・Mac・iOS・Android など、各OSごとに情報がまとめられています。

Office 365 の新機能 – Office サポート

インターネットに接続していれば、アップデートが配信されますので、それを適用していれば、特別なことをする必要もありません。

Office 365 の 新機能をいち早く試す方法:Office Insider プログラム

新しもの好きだったり、他の人よりなんでも先にやってみたい!と言う方は Office Insider プログラムに参加することで、いち早く新しい機能を試すことができます。

Office Insider プログラム とは

最新の機能の更新プログラムのプレビュー版を利用することができるプログラム。
無料で参加できます。
最新の機能の更新プログラムのプレビュー版利用してみて、意見や感想などをマイクロソフトに伝え、アプリの改善に役立てるなど、いわゆる消費者モニター的な役割になります。

Office Insider には次の二種類があります。

Insider スロー

もう新機能としてリリースされることが決まっているものを一般の人より早く入手しOffice の改善に役立つフィードバックを提供する Insiderです。
リスクが最小限に抑えられるので、普通の方でもより安心して参加できます。

Insider ファースト

まだ完全には安定していない状態のプレビュー版を使用して、問題を特定し、フィードバックを提供するInsider。
不具合が起こるなど多少のリスクがあります。ある程度Officeやパソコンなどに詳しいひと、リスクを気にしない人向けです。

Office Insider とは – Office サポート

Office Insider プログラムへの参加方法 Mac編

Office Insider プログラムへの参加はとっても簡単です。
特別なサイトへ移動して、情報入力してということはありません。
アプリケーションで選択するだけです。
ここでは、Macでの参加方法を説明します。

Office Insider スロー への参加方法と更新プログラムの確認- Mac 編

  1. Excelなど Office365のアプリケーションいずれかを立ち上げます。
  2. メニューの[ヘルプ]をクリックします。
  3. [更新プログラムのチェック]をクリックします。
    Office Insider Mac
  4. [Microsoft AutoUpdate]が起動します。
  5. [更新プログラムのインストール方法]が[自動チェック]になっていることを確認します。
    (この項目は任意です。[自動チェック]であれば、更新プログラムを自動的にチェックし必要な時にインストールを促すウィンドウが自動で表示されます)
  6. [Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください]のチェックボックスをクリックしてチェックをいれます。
  7. [Insider ビルド の取得方法を選択する]が[Office Insider スロー]になっていることを確認します。
    (ここまででプログラムへの参加設定は終了です)
    Office Insider Mac
  8. すぐに確認したい場合は[更新プログラムのチェック]ボタンを押すとその時点でのチェックが始まります。
  9. 更新プログラムがあれば一覧が表示されます。
    Office Insider Mac

Office Insider ファスト への参加方法と更新プログラムの確認- Mac 編

手順6までは 上掲の Office Insider スロー と 手順は変わりません。

  1. Excelなど Office365のアプリケーションいずれかを立ち上げます。
  2. メニューの[ヘルプ]をクリックします。
  3. [更新プログラムのチェック]をクリックします。
  4. [Microsoft AutoUpdate]が起動します。
  5. [更新プログラムのインストール方法]が[自動チェック]になっていることを確認します。
    (この項目は任意です。[自動チェック]であれば、更新プログラムを自動的にチェックし必要な時にインストールを促すウィンドウが自動で表示されます)
  6. [Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください]のチェックボックスをクリックしてチェックをいれます。
  7. [Insider ビルド の取得方法を選択する]のドロップダウンリストから[Office Insider ファスト]を選択します。
    (ここまででプログラムへの参加設定は終了です)
    Office Insider Mac
  8. すぐに確認したい場合は[更新プログラムのチェック]ボタンを押すとその時点でのチェックが始まります。
  9. 更新プログラムがあれば一覧が表示されます。
    Office Insider Mac

上掲の更新プログラムの一覧をみて頂くとわかりますが、同じ日にチェックしたにもかかわらず、スローとファーストでは提供される更新プログラムのバージョンが違うことが確認できます。

各ビルド(提供された更新プログラムのバージョン)の情報などは下記のMicrosoft公式さいとのページで確認できます。

まとめ:Office 使わざるを得ないなら Insider に なるもよし!

もう、なんども言ってますが、そもそもExcelなんてMacで生まれてるんですから、MacでOffice 使って楽しむのもよいものです。
別に皆さんにおすすめするわけではありませんが、Office 365 使ってる方は、Office Insider に参加してどんどんMacで使えるアプリケーションにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  2. [レビュー] Lenovo Ideapad 520 スタンダードな充実ノートパソ…
  3. Apple Music や Amazon Musice でクラシック音楽の楽曲・…
  4. [PPT] あなたのPowerPointプレゼンテーションを劇的に変えてしまうで…
  5. 公認会計士と司法試験/予備試験合格の勉強のプロが教えてくれる「メモリーツリー」勉…

関連記事

  1. Office 自由研究テンプレート
  2. Microsoft Word 2007 構成の進行状況
  3. Office2013[オンライン画像]挿入

    MS Office

    [OFF2013] Facebookのアルバムから直接WordやExcelに写真を挿入!Office…

    こんにちは。Office 95 からの利用者 @OfficeTAK…

  4. MS Office

    [Outlook 2013] 受信したメールをテキスト形式で表示する

    こんにちは。IC3認定インストラクタという肩書に恥じぬようなるべく…

最近の記事

  1. Kindle Daily Sale 24
  2. Kindle Daily Sale 23
  3. Kindle Daily Sale 22

人気の記事

  1. マイクロソフト製品の新元号対応について
  2. Time Machine からの復元
  1. WordPress

    [WordPress]ロリポップサーバーで不要になったWordPressサイトを…
  2. Photo by Will Francis on Unsplash

    Facebook

    [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  3. WebService

    Apple Music や Amazon Musice でクラシック音楽の楽曲・…
  4. 日記

    法定相続情報一覧図の作成や申出のポイントについてまとめ
  5. Canvaで作成したアイキャッチ画像

    電子書籍

    [レビュー] リンダ・リウカス『ルビイのぼうけん こんにちは!プログラミング』:…
PAGE TOP