Word 文字列の折り返し[行内]

Word

[Word] 図を挿入する形式を[前面]に変更する

こんにちは。
三日月形の太陽に興奮した @OfficeTAKU です。

Wordの授業が続いているので引き続きWordネタです。

文字列の折り返し[行内]

Wordの文書に、クリップアートやワードアート、あるいは写真などを挿入すると、初期状態では、「テキスト(文字列)の折り返し」「行内」という状態で挿入されます。

「行内」は、文字と同じ状態。
挿入した図が1文字分となり、行間がひろがって、移動しようと思っても自由には動いてくれません。
Word2003までだと、挿入直後は、黒い実線で囲まれ、黒い四角のサイズ変更ハンドルが表示されています。

Word 文字列の折り返し[行内]

文字列の折り返し[前面]

挿入後、[文字列の折り返し]を[行内]以外に変更すると、移動やサイズ変更が楽にできるようになります。

たとえば、[前面]にすると挿入した図が文字の上に配置され(文字が隠れます)、自由に移動、サイズ変更ができるようになります。
文書の空いているスペースに図を配置するときは、この[前面]が便利です。
場面に応じて、[四角][外周]などを選んで利用しましょう。
Word 文字列の折り返し[前面]

常に[前面]で図を挿入する方法

図を挿入するたびに[文字列の折り返し]を変更するのは大変ですので、常に[前面]で挿入されるようにしておくと便利です。

以下、Word 2010での操作手順です。

  1. [ファイル]タブをクリックします。
  2. [オプション]をクリックします。
    Word [ファイル]タブ-[オプション]
  3. [オプション]ダイアログボックスが開きます。
  4. [詳細設定]をクリック。
  5. [切り取り、コピー、貼り付け]項目-[図を挿入/貼りつける形式]のドロップダウンリストから[前面]を選択します。
  6. [OK]ボタンをクリックします。

    Word[オプション]-[図を挿入/貼り付ける形式]

  • Word2007の場合は上記手順1の[ファイル]を[Officeボタン]に読み替えて下さい。
  • Word2003では、メニューの[ツール]-[オプション]をクリックし、開いた[オプション]ダイアログボックスの[編集と日本語入力]タブ内に、[図を挿入/貼り付ける形式]があります。

[iPhone]天体観測に必携「SkyView – Explore the Universe」は神アプリだ!前のページ

Facebook:Shareする前に考えよう!「 顔写真じゃないとBANされる」はガセネタです!次のページ

ピックアップ記事

  1. [Instagram] インスタグラムで勝手にレイバンサングラスの投稿がされたら…
  2. [iPhone] Safariでブラウズ中に表示される、「警告! あなたのApp…
  3. [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  4. Scratch (スクラッチ)を ちょっとだけ勉強して、かんたんな作品『のっティ…
  5. 【Amazon】6ヶ月間無料体験可能! 学生のみなさん Amazon Prime…

関連記事

  1. Word

    [Word] Wordマスターへの道 インデント徹底理解 Vol.4 インデントの解除

    こんにちは。@OfficeTAKUです。インデント徹底理解…

  2. MS Office

    [Word] 背景色を印刷する

    こんにちは。季節を問わず夕暮れ時は淋しそう、と感じている @Offic…

LINE公式アカウント:OfficeTAKU

OfficeTAKU Line公式アカウントバナー

最近の記事

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集

人気の記事

  1. 日商PC検定
  2. ロジクール MX KEYS(MAC用)
  1. WebService

    医療情報管理アプリ NOBORI が凄い!CT画像も検査結果もスマホですぐに確認…
  2. Hard・Acc

    【レビュー】Hypamer アルミ合金製 軽量 ノートパソコンスタンド
  3. Photo by Ben Hershey on Unsplash

    WebService

    おすすめ野球アニメ『おおきく振りかぶって』Amazon Prime Video …
  4. Photo by rawpixel on Unsplash

    WebService

    フリーランスや小さなお店でホームページ作りたい!という時のおすすめホームページ作…
  5. お知らせ

    【発表】2020年情報航海術アクセスTop10
PAGE TOP