Excel表示倍率 選択範囲に合わせる

Excel

[Excel] 表全体を一画面に表示したい、表の幅に合わせて画面いっぱいに表示したい

こんにちは。
@OfficeTAKUです。

Excelでの作業時に、表全体を画面に表示したい、とか、表の横幅を画面幅に合わせたい、ということもよくあります。

範囲を選択したら、ボタンひとつで簡単にできます。

[表示]タブ-[選択範囲に合わせて拡大/縮小]

この機能を使えば、自分で倍率調整しなくても、ぴったりと合わせてくれるので、便利です。
2つのパターンでみてみましょう。

表全体を画面に表示

表が画面に収まりそうで収まらない、少し縮小しても全体を表示したい、という時の手順です。

今回の表の標準の表示倍率100%の状態
Excel表示倍率
ここでは、少しでも画面を広くするために、リボンを折りたたんでおきます。
[ホーム]タブなど、タブの上でダブルクリックすると、タブをポイントした時のみリボンが表示され、各種コマンドボタンが表示されるようになります。
Excel表示倍率
この状態でも今回の表はほぼ画面に表示されています。
タイトルなど除き実際の表の部分だけを画面いっぱいに表示します。

  1. 表示したい範囲を選択します。
  2. 表示タブをクリックします。
  3. [選択範囲に合わせて拡大/縮小]ボタンをクリックします。
    Excel表示倍率 選択範囲に合わせる
  4. 選択範囲が拡大されて画面いっぱいに広がりました。
    ちなみに、表示倍率は107% になっています。
    Excel表示倍率

入力・編集したい部分(表の一部)に合わせて画面に表示する

表の中でも実際に作業する部分など一部分を、画面いっぱいに表示したい時の手順です。

  1. 表示したい範囲を選択します。
    表示タブをクリックします。
    [選択範囲に合わせて拡大/縮小]ボタンをクリックします。
  2. 選択範囲が拡大されて画面いっぱいに広がりました。
    この例では、表の幅が画面幅にフィットしたことになります。
    Excel表示倍率

画面の表示倍率は、作業の内容に合わせて適宜変更すると、作業効率あがりますし、見間違いなども少なくなると思います。
ぜひ、利用してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 忙しい朝もコーヒーは欠かせない!お湯を沸かすのすら面倒な人におすすめ!ネスカフェ…
  2. [レビュー] Lenovo Ideapad 520 スタンダードな充実ノートパソ…
  3. Apple Music や Amazon Musice でクラシック音楽の楽曲・…
  4. [Facebook] プレビュー機能の脆弱性でトークン流出!アカウントの乗っ取り…
  5. 記憶と記録をデジタル化しておくことの重要性と検討すべき項目を整理してみた

関連記事

  1. Excel2013 オートフィルオプションを利用した連番
  2. Excel連番 データが入力されたら連番をふる
  3. Word2010 クイックアクセスツールバー

    Access

    [OFF2010] 使ってますか?クイックアクセスツールバー

    こんにちは。Office2010にもようやくなれてきましたが、つい…

  4. Excel

    FOM出版 Microsoft Office 2013 テキスト予約受付開始!

    こんにちは。Microsoft Official Trainer …

最近の記事

  1. Photo by Perfecto Capucine on Unsplash
  2. Photo by Chris Abney on Unsplash

人気の記事

  1. Photo by Perfecto Capucine on Unsplash
  2. Photo by Szűcs László on Unsplash
  3. Photo by Samuel Zeller on Unsplash
  1. ハードウェア

    こんどのEchoはスクリーン付き!Amazon Echo Spot 7月26日発…
  2. Microsoft PowerPoint MVP 河合浩之

    PowerPoint

    [PPT] あなたのPowerPointプレゼンテーションを劇的に変えてしまうで…
  3. Photo by Szűcs László on Unsplash

    Mac

    [Mac] Macで時報をアナウンスさせるようにしたら意外と便利です
  4. PAPERANG-P2

    ハードウェア

    [レビュー]インク不要のモバイルプリンター「PAPERANG-P2」
  5. Webサービス

    Amazonプライム・ビデオで今見ておくべき作品
PAGE TOP